印鑑と言えば、日本人なら知らない人たちがいるはずはありません。世界的に見れば、印鑑は、衰退しているという見方も出来ない訳ではありませんが、日本の場合、まだまだ印鑑文化という言い方が正しいです。

日本人なのに、意外とまだまだ実印と、はんこの違いが判らないという人たちがいます。日本人だからこそ、もっと印鑑に対して深入りする知識も必要になってくるのではないでしょうか。

実印実印についてまず勉強をしましょう。実印とは、市役所や区役所などにて登録をした公的な役割を持つ印鑑のことを言います。お手持ちの印鑑を市役所や区役所に持って行って登録しないままでいれば、それは実印ではなくただの印鑑です。実印って結構値段の高いものを作るケースが多く、そのような印鑑をはんこ屋さんで作れば、実印と思っている人たちが多いですが、実際にそうではありません。

そして、そのような実印は、家やマンション、車など大きな買い物をする時に使うときなどに必要になってきます。これは、私達の生活の中でもとても重要な役割をもています。だから、高価な印鑑を選択するというのも間違いではありません。シャチハタでも実印は作れるかもと思っている人たちもいるかもしれませんが、基本シャチハタではNGなのです。