認め印とは……

実印という場合、シャチハタは使用することが出来せん。ゴムやプラスチックというモノもNGですし、 印鑑が8ミリ以上で25ミリ以下というルールもあります。他人が今まで使用していないものを実印とする必要があります。

認め印一方で認め印とはどのようなもの言うのでしょうか。認め印とは簡単に言えば、実印以外の印鑑と言っても良いです。郵便物の受け取りというのに、いちいち大事な実印を出して使うべきではありません。履歴書におすという場合も、実印である必要はありません。認め印程度で大丈夫です。認め印が何かと言えば、実印とは違って、安易なモチベーションで使用出来るものを言います

認め印なら、朱肉をいちいち使わなくてもいいシャチハタでも別に構わないです。100円ショップの印鑑だって、認め印としてなら、有効価値がありますが、シャチハタ、100円ショップの印鑑を実印にすることは出来ません。認め印もある意味、自分を証明するために使用されるものですが、実印と認め印の違いは、大事なモノに対して証明することが出来るか出来ないかということになります。更に銀行印というものもありますが、実際には銀行印は、実印程ではありませんが、やはり重要に扱われるべき印鑑です。

実印とは……

印鑑と言えば、日本人なら知らない人たちがいるはずはありません。世界的に見れば、印鑑は、衰退しているという見方も出来ない訳ではありませんが、日本の場合、まだまだ印鑑文化という言い方が正しいです。

日本人なのに、意外とまだまだ実印と、はんこの違いが判らないという人たちがいます。日本人だからこそ、もっと印鑑に対して深入りする知識も必要になってくるのではないでしょうか。

実印実印についてまず勉強をしましょう。実印とは、市役所や区役所などにて登録をした公的な役割を持つ印鑑のことを言います。お手持ちの印鑑を市役所や区役所に持って行って登録しないままでいれば、それは実印ではなくただの印鑑です。実印って結構値段の高いものを作るケースが多く、そのような印鑑をはんこ屋さんで作れば、実印と思っている人たちが多いですが、実際にそうではありません。

そして、そのような実印は、家やマンション、車など大きな買い物をする時に使うときなどに必要になってきます。これは、私達の生活の中でもとても重要な役割をもています。だから、高価な印鑑を選択するというのも間違いではありません。シャチハタでも実印は作れるかもと思っている人たちもいるかもしれませんが、基本シャチハタではNGなのです。

はんこの知識

はんこは認め印として使用されることもあります。認め印という多くの人たちは、すべてが分かっているような顔をしているのかもしれませんが、本当のことを言えば、認め印が何か正確に判っている人たちも少ないのではないでしょうか。

印鑑印鑑は、認め印が何かということも理解して、更に銀行印、実印が何かということを正しく理解するようにしてください。そして、ケースバイケース、使用するべき印鑑が違うということも知るべきです。社会人にもなって、認め印と、実印が同じものと思っている人たちもいます。そんなことを言っているようでは、まさに社会人失格のレッテルを貼られてしまうかもしれません。社会人として印鑑の知識はとても大事です。

海外の人たちは、印鑑というものに対してどのような向きあい方をしているのでしょうか。もちろん、印鑑という文化は、日本からスタートした文化ではありません。現在、印鑑という文化がこれほどまでにしっかり定着しているのも日本と韓国オンリーと言います。まだ印鑑文化をひきずっている国もあるかもしれませんが、基本は、サイン文化がメインという事実は否定出来ません。

本来、判子文化発祥の地といえば、中国であり古いものでは金印として広く知られている「漢委奴国王印(カンノワノナノコクオウイン)」があります。しかし、その中国においても、一般家庭内では印鑑はほとんど使用しないという驚きの事実があります。やっぱりサインをもって証明することの方が多いとのことです。

しかし、印鑑にコンプレックスを持つ必要も全然あります。今だからこそ、印鑑は自の文化として誇っても良い時期ではないでしょうか。更に続けます。